メタバースとは 簡単に わかりやすく

メタバースとは 簡単に わかりやすくいえば、プレイヤーはキャラクターを作成し、ゲームの環境と相互作用する必要があります。これにより、プレイヤーは現実世界とは異なる方法で世界を探索することができます。

メタバースとは 簡単に わかりやすくいうと

メタバースのゲームでは、犬、猫、鶏、馬など、さまざまな動物と仲良くなる必要があります。あなたの目標は、メタバースに住むすべての動物たちと仲良くなって、家を作ることです。メタバースとは 簡単に わかりやすくいえばその通りです。

メタバース ゲームの最後には、メタバースを制覇し、新しい仲間たちと幸せに暮らすことができます。ただし、メタバースに入る権利があるのは、キャラクターを作ったプレイヤーだけです。

メタバースと既存のゲームとの違い

たとえばメタバースとは 簡単に わかりやすくいえば「あつまれどうぶつの森」には、いくつかの疑問があります。例えば、なぜメタバースが存在するのか?ゲームの中に存在するのはメタバースだけなのか?メタバースに入ることはできるのか?メタバースの目的は何なのか?メタバースと現実世界は何が違うのか?

ゲームと現実の間には、多くの類似点があります。例えば、メタバースでは家を建てることができます。また、メタバースではオブジェクトを作成することもできます。メタバースでは食べ物を食べることができます。メタバースで海に行って、海で泳いだり、公園で遊んだりすることができる。これらの共通点をよくよく調べてみると、このゲームには重要な真理があることがわかる。

そもそも「あつまれ!どうぶつの森」は、多くの真理を内包したゲームなのです。抽象的なので、実際の人の生活のような深みはないかもしれません。しかし、このゲームは決して抽象的ではありません。その真理は、人が理解しやすいものなのです。

メタバースと現実社会との連携

例えば、このゲームは “シェアード・リアリティ “という概念の一例です。抽象的なものでも、元の文脈から離れたら、それはもう現実ではない。あつまれ!どうぶつの森」は、共有されたリアリティを持つゲームなのです。

メタバースには何かがあるという共通認識があります。ゲームでは、プレイヤーは森を見ることはできても、木の枝を見ることはできません。メタバースでは、プレイヤーは木を見ることはできても、森を見ることはできない。ですから、森を観察していた人がいて、木を見ることができたということなのかもしれません。

メタバースには「何かある」という常識があります。ゲームでは、プレイヤーは森を見ることができますが、木の枝は見えません。

タイトルとURLをコピーしました